JavaScript入門 変数の宣言・代入方法とデータ型

スポンサーリンク

JavaScript

前回の記事(JavaScript入門 プログラムの書き方とHello World)では、JavaScriptにおけるプログラムの書き方と最初のプログラムを作成するところまでを確認しました。
ここまでで、とりあえずプログラムを動かせるんだというのが実感できたと思います。

今回は、JavaScriptの変数について見ていきます。
変数は、プログラミングをしていく上で無くてはならないものでとても重要です。
きちんと概要を把握してくださいね。

スポンサーリンク

変数とは?

変数というのは、簡単に言ってしまうと、何かの値を格納しておく箱のようなものです。
データに付けるラベルだと思ってもらっても構いません。

この変数を使うことで…。
複雑なデータに分かりやすい名前を付けることができます。
分かりやすい名前のままで演算ができます。
値の使い回しが利くようになります。

複雑なプログラムを組もうとすると、ほぼ必然的に変数を使うようになると思います。
変数を駆使して、分かりやすいプログラムを組めるようになりたいものですね。

変数の宣言方法

変数を使うためには、まず宣言をしなければなりません。
宣言というのは、「これから変数を使いますよ〜。」という合図のようなものですね。

宣言の仕方としては、「var」というのを使います。
「var」の後に、好きな変数名を付けます。
「var」と変数名の間にはスペースを1つ空けます。
文の区切りにはセミコロン(;)を付けます。

例えば、変数名として「msg」を宣言したいとしたら…。
以下のように書くということですね。
これで、変数msgが使えるようになります。

var msg;

変数への代入

変数に値を設定することを「代入する」と言います。
変数への代入は代入演算子(=)を使います。
「左辺 = 右辺」という形で記述して、「左辺に右辺の演算結果を代入する」という意味になります。

それでは、この変数msgに「Hello World!」という文字列を割り当ててみたいと思います。
代入演算子(=)を使って、以下のように書きます。

msg = "Hello World!";

ちなみに、変数の宣言と代入は同時にできます。
「var」の後に変数名、その後に「=」が来て、さらにその後で値を記述します。
msgの例で言えば、以下のようにします。

var msg = "Hello World!";

データ型

JavaScriptで扱うことができるデータ型について確認してみます。
JavaScriptには、例えば以下のようなデータ型があります。

  • 文字列(”Hello World!”, “Hi, John!”,など)
  • 数値(5, 1.25, -7.0, など)
  • 真偽値(true, false)
  • 配列
  • 関数
  • オブジェクト
  • null
  • undefined

色々と種類があるのですが…。
最初の頃は、一気に全部覚えようとしなくて大丈夫です。
初めて出てきた時に改めて覚えれば問題無しですよ。

各データ型を代入するときも、代入演算子を使えば良いです。
例えば、数値を代入したいなら以下のような感じです。

var a = 10;

何らかの演算結果を代入する場合も同様です。

var b = 1 + 2;

var以外の変数宣言

実は、変数の宣言方法には「var」以外にもあります。
それが「let」と「const」です。

「var」の場合は、同名変数の再宣言ができてしまうのですが…。
「let」の場合、同名変数の再宣言ができなくなります。
「const」の場合、同名変数の再宣言ができなくなり、さらに再代入もできなくなります。

var a = 123;
var a = 123; // 再宣言できる

let b = 123;
let b = 123; // 再宣言できない!
b = 1234; // 代入はできる

const c = 123;
const c = 123; // 再宣言できない!
c = 1234; // 代入もできない!

では、どうやって変数宣言を使い分けるかと言うと…。
基本的に、値を変更することがある変数の場合は「var」または「let」。
値を変更する必要が無い変数の場合は「const」と覚えておくと良いと思います。
よく分からない場合は、とりあえず変数は「var」でも構いませんが…。

まとめ

今回の記事では、変数の宣言・代入方法について確認してみました。
内容としては、それほど難しくはありませんよね。
比較的すんなりと理解できたのではないでしょうか?

JavaScriptプログラミングをしていく上で、変数は必須と言っても過言ではありません。
変数について理解しておくことは、今後良いプログラムを書く上で大事になってきますよ。
ぜひよく覚えておきましょう。

次回は、数値の計算(四則演算)について見ていきます。
楽しみにしていてくださいね。

前回 ≫ JavaScript入門 プログラムの書き方とHello World
次回 ≫ JavaScript入門 数値の四則演算と剰余の計算方法

コメント