JavaScript入門 JavaScriptとは何?特徴やできることは?

スポンサーリンク

JavaScript

プログラミング言語の1つ、JavaScript
今では様々な用途に使われています。
世界的に見ても、非常に人気があるプログラミング言語です。

インターネットや書籍などで、JavaScript入門しようと思ったものの…。
内容が難しすぎてよく分からない…。
と感じたことはありませんか?

私も、最初JavaScriptを学ぼうとしたときは、ちんぷんかんぷんで意味不明でしたよ。
非常に学習が大変だったのを覚えています。
「もっと簡単にやさしく書かれたものがあれば良いのに…。」と思っていました。

そこで、この記事では…。
プログラミング入門者でもできるだけ分かりやすいように、JavaScriptの概要について解説してみます。
ここでは、JavaScriptの特徴とできることについてまとめます。

スポンサーリンク

JavaScriptの特徴

JavaScriptは、主にウェブページ上で使用されるプログラミング言語です。
ただ、最近ではアプリやゲーム開発などにも使われるようになりました。

ちなみに、名前が似ているJavaとは全くの別物です。
たまに、JavaScriptのことをJavaという人がいますが、それは間違いですので注意してください。

JavaScriptは様々な場所で使われている

JavaScriptは、実行環境がウェブブラウザ上にあります。
そのため、ウェブサイトやウェブアプリ、ウェブサービスを作るのによく使われています。
最近では、アプリやゲームを開発するのに使われることも多くなりました。

JavaScriptは初心者でも比較的学びやすい

JavaScriptは、IE・Firefox・Chromeといったウェブブラウザとテキストエディタさえあれば、すぐに開発を始めることができます。
他のプログラミング言語では、開発環境の構築に時間がかかってしまい、大変なことがありますので…。
その分、比較的入門しやすい言語とも言えます。

JavaScriptでできること

それでは、JavaScriptでできることについて確認していきます。
JavaScriptでは、主に以下のようなものを作ることができます。

  • ウェブページ制作
  • ウェブアプリ開発
  • スマホアプリ開発
  • ゲームアプリ開発

基本的には、ウェブページの動きを作るのにJavaScriptが使われます。
複数の画像をスライド・フェードイン・フェードアウトさせたり、アコーディオンメニューを作ったり、画面の表示を切り替えたりできます。

JavaScriptでは、ウェブ上で動くアプリやサービスを開発可能です。
LINEやTwitterのようなSNS、チャットのようなものを作れます。
アイデア次第で、本当に色々なものを生み出せますよ。

最近では、なんとJavaScriptでスマホアプリを作ることも可能になっています。
AndroidやiOSに対応させることができます。
スマホで動くゲームアプリを作りたいという需要も満たせます。

このように、JavaScriptでできることというのは非常に多いです。

JavaScriptで何を作りたいのか明確にしよう!

あなたはプログラミング、特にJavaScriptを学んで何をしたいのですか?
それを明確にすることが、今後の学習効率を上げるコツです。

前述したように、JavaScriptでは様々なことができます。
それだけ多くのことができるということは、学ぶべきことが非常に多いということを意味します。
そのため、全部覚えようとすると本当に大変なことになりますよ?

ウェブページを作りたいのなら、それ用の学習を。
ウェブサービスを作りたいのなら、それ用の学習を。
スマホアプリを作りたいのなら、それ用の学習を。

といった具合に、用途に合わせた学習をするのが理想です。
あなたが作りたいものを作るのに必要な技術だけを最優先で学ぶということです。
そうすれば、最小限の労力と学習時間で済みますからね。

まとめ

JavaScriptは、世界でも人気のプログラミング言語の1つです。
ウェブページのみにとどまらず、様々な用途に使うことができます。

あなたには、JavaScriptを使って何かやりたいことがあると思いますが…。
そのやりたいことを実現するために必要な技術を優先して学習していきましょう。

次回からは、いよいよJavaScriptの本格的なプログラミングに入っていきます。
できるだけやさしく解説していきますので、ぜひ今後も読み進めていってもらえると嬉しいです。

次回 ≫ JavaScript入門 プログラムの書き方とHello World

コメント